会社・店舗の経営者向け、ロゴ専門デザイン事務所のブログ紹介

会社・店舗の経営者向け、ロゴ専門デザイン事務所のブログ紹介

これから新しく会社起業をする際、どんなロゴデザインが必要かご存じですか?

「もちろんカッコ良いロゴデザインだよ」

「好きな色は赤だからソレ使いたいね~」

「よく分からないけど高級感が欲しいな」

すいません…全て間違っています

気持ち的には凄く理解できますし、これから大きく羽ばたこうしている皆さんですから「ロゴデザイン=個人的に好きな雰囲気」になるのも当然だと思います。

しかし、ロゴデザインは単なる見た目だけには留まらない超重要なデザイン

当サイトでは現役ロゴデザイナーの筆者が、初心者の方向けに「ロゴに関する様々なお役立ち情報」を幾つかのカテゴリーで発信しています。

前半部分で「ロゴデザインの役割」を手短に解説。

後半部分では「ロゴデザインの必須条件・当サイトブログのカテゴリー」を紹介していきます。

ロゴデザインは会社の顔

ロゴデザインは会社の顔

突然ですが…ロゴデザインは「会社の顔」です。

例えば世界的な有名企業のAppleを思い浮かべてください。

ほとんどの方は「パソコンやiPhone」そして「リンゴのマーク」を想像したかと思います。

そして、そのリンゴのマークにはどんな印象があるでしょう?

◆最先端

◆オシャレ

◆高級感…and more


おそらく、ほぼ全ての人がリンゴのマークに対して同じ印象を持っているかと思います。

そう、これが「ロゴデザイン=会社の顔」の意味です。

最近ではブランディングといった言葉もチラホラ聞こえてくるようになりましたが、ロゴデザインはそこでも非常に重要な役割を担っています。

そんなロゴデザインが担う根幹的な役割は以下の2つ。

◆企業理念や事業内容を伝える

◆対内外的なイメージカラーになる


いずれも会社にとって非常に重要な部分ですよね。

次項ではそれらについてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

企業理念や事業内容を伝える

企業理念や事業内容を伝える

ロゴデザインは会社の企業理念や事業内容を伝えます。

例えばアナタが「ジュエリーショップを多店舗経営する代表者」だとします。

その会社で使用しているロゴデザインが「宝石とは全く無関係」のマークだったらどうでしょう?

また、商品単価が非常に高く、出店場所も銀座などの高級感があるエリアだとします。

その設定単価と出店エリアで「ポップで親しみを感じる大衆的な印象」のデザインだったらどうでしょう?

明らかに…違いますよね。

もっと「宝石と高級感・信頼感」を喚起させるロゴデザイン(ブランドイメージ)が必要です。

そのことから、ロゴデザインは会社の顔であり「個人の好き嫌いを反映させるべきではない」ことがお分かりいただけるかと思います。

対内外的なイメージカラーになる

対内外的なイメージカラーになる

ロゴデザインは会社のイメージカラーになります。

ここで言うイメージカラーは「コーポレートカラー」とも呼び、例えば「名刺やホームページなど、会社のソフト全般に使用する色」になりますので非常に重要。

分かりやすい例を出すとCoca-Colaのイメージカラーは赤ですよね?

対外的に「赤と言えばCoca-Cola」と覚えて欲しいので、様々な媒体に使用する色は赤が中心になっていると思います。

人間の視覚は「色→形」の順番で脳に情報が伝わり、更に色は「人間の本能に訴えかける力」があります。

◆赤=情熱

◆青=信頼

◆緑=自然

◆紫=高級…and more


そのことから、前項の企業理念・事業内容と同様にロゴデザインは会社の顔であり「個人の好き嫌いを反映させるべきではない」ことがお分かりいただけるかと思います。

会社に適したロゴデザインとは?

会社に適したロゴデザインとは

会社に適したロゴデザインとは一体どんなものなんでしょう?

残念ながらその答えを当記事でお伝えすることはできません。

理由として、世の中には様々な特性・特徴の会社があるので「一つの最適解が全ての答えになる」といったケースを作れないからです。

ですが…次項の「ロゴデザインには必須条件がある」は会社の規模や特徴に関わらず「絶対に覚えておくべき」内容です。

ロゴデザインには必須条件がある

ロゴデザインには必須条件がある

ロゴのデザインには「絶対に必要な条件」があるのをご存じですか?

これは、どんな会社のロゴデザインにおいても「実用性」として必要不可欠な要素。

例えば以下の条件です。

◆単色でもデザインが再現できる

◆小さいサイズでも使用できる


たった二つの事ですが、これを満たしていないロゴデザインは非常に多いです。

そして、ロゴを知らないプロのデザイナーも数多く存在します。

彼等が見た目重視で何も考えずに作成したロゴデザイン(必須条件を満たしていない)は会社にとって様々な不利益を発生。

例えば起業した会社がアパレル事業だとします。

もし、肝心のロゴデザインが必須条件を満たしていなかったら?

「単色で表現できないからショッパー等のコストが高い」

「小さいサイズで使えないないから商品に活用できない」

…その他にも様々なデメリットが発生するでしょう。

そんな残念な事態にならないよう、当サイトでは「会社・店舗の経営者向けのお役立ち情報」をブログで配信しています。

カテゴリーは以下の通り。

◆foundation(基礎知識)

◆fee(料金関連)

◆request(依頼関連)

◆other(その他)


特に「foundation(基礎知識)」では前述の必須条件を中心に紹介。

これから会社のロゴを用意する事業者様には是非ご覧いただきたい内容です。

foundation(基礎知識)

foundation(基礎知識)

先程も触れましたが、このカテゴリー「foundation(基礎知識)」ではロゴデザインにおける必須条件を中心に紹介。

デザインやパソコンの知識が無い方にもご理解いただけるよう分かりやすく解説していきます。

↓↓↓

「foundation(基礎知識)」はコチラ

fee(料金関連)

fee(料金関連)

こちらのカテゴリー「fee(料金関連)」ではロゴデザインにまつわる料金について紹介しています。

料金設定の背景やそれに伴うメリット&デメリットなどを解説していきます。

↓↓↓

「fee(料金関連)」はコチラ

request(依頼関連)

request(依頼関連)

カテゴリー「request(依頼関連)」ではロゴデザインの依頼にまつわるお話が中心です。

ロゴデザインを依頼する際に気を付けるべきことなど幅広くご紹介していきます。

↓↓↓

「request(依頼関連)」はコチラ

other(その他)

other(その他)

こちらのカテゴリー「other(その他)」では、前述までの3項に当てはまらないロゴ関連の情報が中心です。

その他、クラウドソーシングなど少しロゴデザインから離れた情報なども紹介していきます。

↓↓↓

「other(その他)」はコチラ

まとめ

まとめ

いかがでしょう?

今回は会社経営者向けロゴ専門デザイン事務所のお役立ち情報について紹介させていただきました。

ポイントは以下の通りです。

◆ロゴデザインは会社の顔

◆ロゴデザインには必須条件がある

◆当サイトにはロゴ関連の情報がある


あえて深い内容での解説は避けて、当サイトのブログカテゴリー案内にとどめてみたつもりです。

ブログ更新は不定期になりますが、ブックマークやSNSシェアなどをして時折見に来ていただけると幸いです。

それでは、以上をもって当記事を終了とさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロゴ専門のデザイン事務所|経営ロゴ

私達はロゴ専門のデザイン事務所【経営ロゴ】と申します。

当サイト内では以下のサービス提供&信頼性の担保が。

◆大手CSコンペ採用ランク1位獲得デザイナー

◆事業者向けロゴデザインに関するお役立ち情報

◆全ロゴデザインが¥3,000&即日ダウンロード

提供するサービスは主に「個人事業主・中小企業」向けとなっていて、業界内屈指のコストパフォーマンスで対応させていただきます。

blogother
KEIEI LOGO
タイトルとURLをコピーしました